雨漏り検査
ブログ

Blog
検査事例 2020.12.23

【検査事例3】マンションにて雨漏り検査|三重県伊勢市|防水層の劣化

鉄筋コンクリート造(RC造)9階建て

三重県伊勢市のマンション8階住戸(RC造9階建て)にて雨漏り検査を行いました。

 

ご依頼主

マンション管理会社 様

 

 

雨漏り状況

  • 雨天時は常に雨漏りする
  • クローゼットの床(絨毯)から水がにじみ出てくる

 

検査前の状況

 

 

検査風景

防水層の劣化を確認するため、発光検査液を混ぜた水を張って検査を行いました。

 

 

水張り検査

青色検査液

 

 

雨漏り原因

 

上階屋上防水層の劣化

発光検査液を混ぜた水は、紫外線(ブラックライト)を当てると光るため原因の早期発見がかのうです。

9階住戸の屋上防水層の劣化により、雨天時は常時建物内に雨水が侵入していたものと考えられます。

 

防水層のめくれ

青色発光

 

 

 

 

 

雨漏りのご相談の多くが、「何度修繕しても雨漏りが止まらない」という案件です。

雨漏り検査を実施して、きっちり原因を特定した後、補修工事を行うことをおすすめします。

 

 

ご相談はこちらの申込フォームよりご連絡ください
https://amamoricheck.com/contact/

 

CONTACT

お問い合わせ

雨漏り検査に関するご相談・ご質問など、お気軽にお問い合わせください。